明星高校(文理選抜)偏差値2020と倍率と合格最低点

●偏差値

専願 67
併願 69

※進研V模試、五木模試の偏差値を参考に独自に算定

スポンサーリンク

●倍率

2019年 4.37倍

●合格最低点

※専願

2019年 270/500
2018年 285/500
2017年 320/500
2016年 310/500

総評

明星文理選抜は高校からの募集が90名。
合格ラインが6割~6割5分前後。

男子の場合大阪市内の難関私立の中では
大阪星光学院は別格として
清風理Ⅲと並んで明星文理選抜が難易度が最も高い。

今年東大1名、京大7名、阪大27名、神大18名に合格している。